ぽれぽれ保育園ブログ

2015.01.22

昨年 11月 いちごのあかちゃん苗のお世話

もう、すっかりとファーマーになった幼児クラスの様子です

 

私も、畑の方に教えていただくまで全然知識がなかったのですが

 

いちごは、そのまま苗をほっておけばその苗に翌年 おいしい実がつくのではなく

 

その年に収穫した苗をしばらく置いておくと、そこから(触手?なんというのでしょうか)、枝のようなものが伸びてきて、それが地面に根付き、翌年のあかちゃん苗になるそうで…

 

 

なので、昨年の11月中旬(またずいぶんと前の話なのですが)

 

ぽれぽれふぁーむまで 年長組さんと 年中組さんにいちごの苗の移植に行ってきてもらいました。

 

IMGP5534

 

IMGP5535

先生にあけてもらった あたらしいいちごの赤ちゃんのベッドになる穴に

苗をそ~っと そ~っと入れ

 

IMGP5533

 

IMGP5532

上から また そ~っと 土をかけたらできあがり

 

このあとは2月の中旬(もうすぐですね)にいちごの実が直接地面について痛んでしまわないように、養生シートをかけに行きます。

 

この作業は、昨年は先生たちにしてもらったのですが、ここまでできる子どもたちを見て、今年は幼児クラスさんにお手伝いをしてもらうことにしました。

 

その様子はまたご報告します。

 

養生シートかけの前に、今度は1歳児クラスさんから、ぽれぽれ藤が丘の子どもたち全員で、ジャガイモの種芋植え体験にも行ってきます。

 

この子たちと過ごしていると、まだまだ難しいかな?なんて 大人がいろいろなことに手に線引きをしてしまうものではないなぁ とつくづく感じます。(もちろん危険がない範囲でですがね)

 

 

これからのぽれぽれふぁーむも 楽しみ 楽しみ

 

 

みんな よろしくね

 

~おまけ~

 

ぽれぽれふぁーむでお世話になっている畑の方のご厚意で

 

この日 にんじんの間引きのお手伝いもさせていただきました

 

 

IMGP5536

葉っぱがふかふかだぁ

 

IMGP5540

とりかたを教えていただいて

 

IMGP5538

ぽん ちっちゃ~い

 

 

IMGP5539

 

見てみて とれたよ

 

畑の方々、本当におせわになっています

 

子どもたちにとって、実体験できるということは本当に成長していく上での最高の勉強になります。

 

 

これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

※ これまでの「ぽれぽれ保育園の歩み」はこちらでご覧いただけます

http://ameblo.jp/poleru/

前の記事
次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ブログ

〒227-0043
神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-28-4
グランドール藤が丘1階
TEL:045-482-7047  FAX:045-482-7048

Copyright © 2015 - 2017 ぽれぽれ保育園 all right reserved